ファクタリングのメリット、デメリットを知っておこう!

売掛金をすぐに現金化したいという時がありますよね。そんなときに便利なのがファクタリングです。

ファクタリングのメリット、デメリットについてご紹介します。

ファクタリングのメリット

ファクタリングには様々なメリットがあります。ファクタリングのメリットについてご紹介します。

すぐに現金化が可能

ファクタリングは、売掛債権をすぐに現金化できるというのが最大のメリットです。

銀行融資の場合は2、3週間程度かかりますし、公的融資の場合は1ヶ月程度かかります。

すぐに現金化したいという場合はファクタリングがおすすめです。

融資と比較し審査に通りやすい

ファクタリングは融資と比較し、審査に通りやすいというメリットがあります。

売掛先の信用力が審査の対象となります。保証人や担保も不要なので、利用しやすいです。

売掛先が倒産した場合に返金不要

売掛先が倒産すると未払い金が発生するリスクがありますよね。

しかし、ファクタリングを利用した場合、売掛先が倒産したとしても返金する義務がありません。

決算書に影響を与えない

融資やビジネスローンを利用した場合、決算書に負債が追加されますよね。

しかし、ファクタリングは決算書には影響せず、売掛金が解消させるだけということになります。

信用情報にも影響しないため、融資をする場合に不利になることがないでしょう。

第三者に知られず利用可能

ファクタリングにも様々な種類があり、2社間取引、3社間取引で選択することができます。3社間の場合は、売掛先の承諾が必要となるため、売掛先にファクタリングの利用が知られ、取引関係が悪化する可能性があります。

2社間取引の場合は、売掛先への承諾は不要なので、売掛先に知られることはありません。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングの大きなデメリットは手数料が発生することです。手数料については事前に把握しておく必要があります。

手数料が発生する

手数料が発生するというのはファクタリングのデメリットです。

2社間のファクタリングの場合は売掛金額の15~30%、3社間ファクタリングの場合は売掛金額の1~9%の手数料が必要となります。

2社間のファクタリングは売掛先に知られず利用できるため、関係を悪化させる心配がありません。手数料が高くても、多くの会社が利用しています。

ファクタリングはよく知ってから利用しよう!

ファクタリングには様々なメリットがありますが、利用するには手数料がかかります。ファクタリングの特徴を知り、条件に合うサービス提供会社を選ぶことが大切です。

ファクタリングについてよく知り、上手に利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする