ファクタリングのリスクと対処法を解説!

ファクタリングとは、未回収の売掛金を買い取ってもらったり、保険を売掛債権にかけたりすることのできるサービスです。。

ファクタリングはビジネス取引をする上で非常に有用ですが、リスクもあります。

ファクタリングのリスクと対処法を知り、正しい知識でリスク管理をすることが大切です。ファクタリングのリスクと対処法を解説します。

デフォルトリスクあり

ファクタリングに限ったことではないですが、デフォルトリスクがあります。

デフォルトリスクとは会社が倒産することで、債務不履行となることです。

取引先の経営状況を確認しておくことで、債務不履行のリスクに対して備えることができます。取引先の支払い遅延がある場合は、早めに債権を譲渡する必要があります。

過剰・不当返品のリスクあり

売却した商品を過剰に返品されたり、リコールされたりすると、売掛債権が減ってしまいます。

企業の倒産につながるため深刻な問題です。

返品率を事前に把握しておくことで、早めに対処できます。

取引先との関係が悪化するリスクがあり

ファクタリングが知られると、取引先との関係が悪化する可能性があります。

事前に債権の譲渡が知られても問題ない取引相手であるかを検討する必要があります。ファクタリングには、取引相手へ通知されない方法もあります。

特に大企業や新規の取引先との関係には注意が必要です。最悪の場合、契約解除につながることもあります。

悪質業者による詐欺のリスクあり

ファクタリング業者を名乗る悪質業者による詐欺があるのも事実です。

高い利子で金銭を貸し付けたり、回収できない場合に債権を取り上げたりするケースがあります。

ファクタリングサービス提供会社が信頼できるか事前に調査することが大切です。疑問点が生じた場合は、契約をしないようにしましょう。

ファクタリングを利用する際はリスクも知っておこう!

ファクタリングを上手に利用することで、売掛金の回収ができるか不安に感じている取引先とも安心してやり取りできます。

しかし、ファクタリングには様々なリスクがあります。

ファクタリングを利用する際は、事前にリスクと対処法を知っておくことが大切です。リスク管理をすることで、安全にファクタリングを利用することができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする