ファクタリングの種類を徹底解説!

売掛先が倒産する可能性がある場合、資金難のリスクがあるので不安ですよね。そこでおすすめなのがファクタリングです。

ファクタリングについて詳しくご紹介します。

ファクタリングとは何?

ファクタリングとは、未回収状態の売掛金を買い取ってもらう、もしくは保険を売掛債権にかけられるサービスのことです。

通常、サービス、商品の提供を先に行い、その後で金銭面でのリターンがありますよね。しかし、このような取り引きでは、資金難になるリスクがあります。

ファクタリングが利用できれば、売掛先が倒産した場合でも確実に資金を得ることができます。

ファクタリングの種類

ファクタリングには大きく分けて買取型と保証型があります。それぞれについてご紹介します。

買取ファクタリング

買取ファクタリングのメリットは、売掛金を現金化するスピードが速いことです。

サービス提供会社に売掛債務を売却し、定められた金額を受け取る形になります。

担保の提供は必要ないでので、銀行融資よりも審査に通りやすいです。審査の対象となるのは、売掛先の信用力です。

保証ファクタリング

保証ファクタリンは資金の調達が目標でない点が、買取ファクタリングとの違いです。

取引相手に倒産のリスクなどがある場合でも、売掛債権の貸し倒れを心配する必要がありません。

取引相手が倒産した場合は基本的に売掛金を回収できないですが、保証ファクタリングを利用していれば保証金が保証会社より支払われます。

保証ファクタリングに関しては、事前にサービス提供会社が取引先の調査を行い、保証枠を決定する仕組みとしなっています。

買取ファクタリングは2種類に分類できる

買取ファクタリングには、2社間と3社間という形でさらに2種類に分類できます。それぞれについてご紹介します。

2社間の買取ファクタリング

2社間の買取ファクタリングは、売掛債権を早く現金化したい場合に便利です。

2社間の買取ファクタリングを利用する場合、売掛先への連絡は必要ありません。

売掛債権を買取ファクタリング提供会社に譲渡し、売掛先から売掛金を回収できた場合には、サービス提供会社に支払う仕組みとなります。

売掛先への連絡が不要なので、取引関係が悪化することはありません。しかし、サービス提供会社への手数料が高くなりがちです。

3社間の買取ファクタリング

3社間の買取ファクタリングは、ファクタリングを利用したい企業、ファクタリングのサービス提供会社、売掛先の3社が合意して成立する仕組みとなっています。

2社間の買取ファクタリングと異なり、売掛先が直接サービス提供会社に売掛金を支払います。そのため、手数料が安くなる傾向にあります。

しかし、3社間で合意するため、打ち合わせや資料作成などに時間がかかるケースがあります。また、取引相手との関係が悪化するリスクもあるでしょう。

ファクタリングを上手に利用しよう!

ファクタリングは、万一の保証として非常に有用です。ファクタリングと一口に言っても様々な種類があるので、事前に把握しておくことが大切です。

ファクタリングについて理解し、上手に利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする