ベンチャーキャピタルのメリット、デメリットを徹底解説!

起業して間もない企業は資金を得るのに苦労しますよね。ベンチャーキャピタルは新規企業にとって強い味方になります。

しかし、ベンチャーキャピタルにはメリットのみならずデメリットもあります。

ベンチャーキャピタルのメリット、デメリットについてご紹介します。

ベンチャーキャピタルを利用するメリット

ベンチャーキャピタルから投資を受けると様々なメリットがあります。

財務状況が改善する

ベンチャーキャピタルから投資されると、財務状況が改善します。

新規企業が金融機関から融資を受けるには審査に通過する必要がありますが、財務状況の改善に伴い、融資を受けやすくなります。

特に大手のベンチャーキャピタルから投資されたという実績があると、評価が高くなり、様々な企業から出資を受けられるようになるケースもあります。

経営ノウハウを知ることができる

ベンチャーキャピタルは出資のみならず、経営にも関与するケースが多いです。

そのため、経営ノウハウを知ることができるというメリットがあります。

ベンチャーキャピタルは多くの企業を見ているので、様々な経営経験、知識、ノウハウを持っているのです。

特に新規企業は社員に経営に関する知識や経験が不足していることが多いです。ベンチャー企業の関与で軌道修正することも可能となります。

事業提携しやすい

事業提携しやすいというのは、ベンチャーキャピタルのメリットの一つです。

ベンチャーキャピタルが出資しているのは、1つの企業のみではありません。

複数の企業の支援を行っています。そのため、ベンチャーキャピタルを通した事業提携の可能性があるのです。

事業提携はキャピタルゲインのアップにつながるので、ベンチャーキャピタル側にもメリットがあります。

ベンチャーキャピタルを利用するデメリット

ベンチャーキャピタルから投資を受けることには、デメリットもあります。ベンチャーキャピタルを利用する際はデメリットについても把握しておく必要があります。

株式買取請求される可能性あり

ベンチャーキャピタルは、将来企業が成長した後に利益を回収することを目的としています。そのため、予想通りに進まない場合、株式買収請求をされる可能性があります。

経営への干渉されやすい

ベンチャーキャピタルから経営干渉されることは、メリットとなる可能性もありますが、場合によってはデメリットと感じる企業もあります。

経営の方向性が確立している企業は、理想を崩されるケースもあるでしょう。

ベンチャーキャピタルについてよく知り利用しよう!

ベンチャーキャピタルは事業を開始しようとしている企業にとって、非常に有用です。また、継続的な支援を受けられるのも魅力的でしょう。

ベンチャーキャピタルにはメリット、デメリットが存在するので、よく知ってから利用するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする