ベンチャーキャピタルについて知ろう!

新規事業者は、資金を得るのに苦労しますよね。将来成長の見込みのある企業は、ベンチャー企業からの投資を受けられる可能性があります。

ベンチャーキャピタルについてご紹介します。

ベンチャーキャピタルとは?

ベンチャーキャピタルとは今後著しく成長する可能性がある上場していない企業に対して出資する投資会社です。

未上場の企業に投資を行い、その企業が成長し上場した後に、事業や株式を売却します。その際にキャピタルゲインを得られるのです。キャピタルゲインとは、未上場時の投資額と、上場後の株式売却額の差額です。

ベンチャーキャピタルに関しては未上場の企業に投資するのみならず、経営支援を行います。つまり、企業のキャピタルゲインが高まるようはたらきかけるのです。

ベンチャーキャピタルの種類

ベンチャーキャピタルは、保険会社、証券会社、銀行などの金融関連会社が主に実施しています。それ以外にも、商社、事業会社が運営しているベンチャーキャピタルもありますし、無所属の独立したベンチャーキャピタルもあります。

また、政府系ベンチャーキャピタル、大学系ベンチャーキャピタルなど種類は様々です。

銀行とベンチャーキャピタルは異なる!

銀行も企業に資金を提供する事業なので、ベンチャーキャピタルとの違いが気になるという方がいるのではないでしょうか。銀行とベンチャーキャピタルの違いをご紹介します。

銀行

銀行はあくまで企業に資金を貸し出す立場です。

そのため、貸し出した資金は返済を求めますし、利息も発生します。

また、企業が銀行から融資を受けるには担保が必要です。新規企業や実績のない企業は審査に通過できず、銀行からの融資を受けることができません。

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルは、新規事業に対し、将来を期待して出資します。融資ではないので、資金の返済は不要ですが、企業が上場したり成長したりした場合に、株式を売却して利益を得る形になります。

しかし、投資した企業が事業に失敗した場合、出資金を回収することができません。

ベンチャーキャピタルの場合、出資した企業が順調に成長できるよう、継続して支援を行います。

ベンチャーキャピタルの成長支援の方法

ベンチャーキャピタルは企業の成長を支援しますが、様々な方法があります。

投資先の企業に自社の社員を送り込むこともあれば、外部コンサルティングを利用する方法もあります。

ベンチャーキャピタルで出資を受け取る場合、事業計画書などの書類が必須です。ベンチャーキャピタルにも、審査があるのです。ベンチャーキャピタルでは、銀行の融資とは異なり、ビジネスモデルを重視しています。

ベンチャーキャピタルは新規事業者におすすめ!

ベンチャーキャピタルが利用できれば、事業をスタートする段階で資金を調達することができます。

また、継続した支援も得られるので、企業にメリットが大きいです。

ベンチャーキャピタルについて知り、上手に利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする