クラウドファンディングのメリット、デメリットを徹底解説!

クラウドファンディングとはインターネットを利用して不特定多数の人にはたらきかけて資金調達をする方法です。
クラウドファンディングを利用することで、多くの新規事業が成長します。クラウドファンディングのメリット、デメリットをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングには、数多くのメリットがあります。メリットについて知り、クラウドファンディングを上手に利用しましょう。

不確実な新規事業でも資金調達できる

不確実性の高い新規事業は、金融機関からの融資を受けるのは難しいのが現状です。

しかし、クラウドファンディングであれば、賛同してくれる支援者がいれば資金調達が可能です。

金銭面以外の見返りの設定が可能

クラウドファンディングを利用する場合、支援者への見返りを金銭面以外に設定することが可能です。

見返りをサービスや権利などの特典に設定すれば、お金で返済する必要がありません。

しかし、魅力あるプロジェクトでなければ賛同者を集めることができないので注意が必要です。

成功報酬制なので安心

クラウドファンディングの場合、基本的に成功報酬制となっています。

そのため、支援者に出資を募る際、料金がかかりません。新規事業や資金がない人でも利用することが可能です。

ファンの獲得が可能

クラウドファンディングはプロジェクトに賛同してくれる支援者のおかげで成り立ちます。

資金提供後もファンとして、サービスや商品の支援を継続してくれるケースが多いです。

ファンを獲得することで、他の事業を発展させることにもつながります。

宣伝効果が得られる

クラウドファンディングを開発段階の企業が利用する場合、プロジェクトの公開がサービスや商品の宣伝につながります。

多額の資金が得られる

プロジェクトを公開し、多くの支援者に魅力が伝われば、多額の資金が得られる可能性があります。

プロジェクトの規模に関わらず、クラウドファンディングは幅広く対応できます。

クラウドファンディングのデメリット

クラウドファンディングにはデメリットもあります。利用する前にはデメリットも把握しておきましょう。

資金が集まるのに時間がかかる

銀行などからの融資を受ける場合、約1ヶ月程度で資金を得ることができますが、クラウドファンディングの場合は目標額を得るのに時間がかかります。

事業のスタート資金など急いでいる場合、全資金をクラウドファンディングに頼るのには限界があります。時間的な余裕のあるプロジェクト、もしくは資金の一部として利用する手段に向いています。

アイディアが流出するリスクがある

クラウドファンディングは、プロジェクト内容、商品、サービス情報を公開して出資を募る形になります。

そのため、アイディアが流出し、盗用される可能性があります。

特許申請をするなどの対策が必要です。

企画が頓挫すると信用がなくなる

クラウドファンディングで支援者からの資金が目標額に達成したとしても、プロジェクトが成功するとは限りません。

途中で頓挫した場合、約束不履行とみなされ、社会的な信用を失ってしまいます。

クラウドファンディングは理解して利用しよう

クラウドファンディングには様々なメリットがありますが、一方でデメリットもあります。デメリットについても把握し、事前に対策することが大切です。

クラウドファンディングを十分に理解して利用すれば非常に有用な資金調達手段となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする