クラウドファンディングは資金調達に有用!

クラウドファンディングはリスクの少ない有用な資金調達法の一つです。クラウドファンディングについて知っておくと、事業の成功の可能性が高まります。
クラウドファンディングについて詳しくご紹介します。

クラウドファンディングとは?

「クラウドファンディング」とは、群衆を意味する「クラウド」と資金調達を意味する「ファンディング」が合わさった言葉です。

インターネットを利用して資金提供を不特定多数の人にはたらきかけます。
多くの企業がクラウドファンディングを利用して成長しています。自己投資をするにはリスクがありますし、融資を受けるには実績が必要です。
クラウドファンディングなら、リスクを負わずに事業をスタートさせることができます。クラウドファンティングは新規事業の可能性を高めることができるのです。

クラウドファンディングにはどのような種類がある?

クラウドファンディングには、支援者が金銭面で見返りを得られる投資型と、金銭以外のサービスによる見返りがある非投資型の大きく2種類があります。

そして、投資型のクラウドファンティングは見返りの方法により、さらに3種類に分けられます。

購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングは、非投資型のクラウドファンディングです。

国内で実施されている最もメジャーなクラウドファンディングです。支援者を募る際に、目標額と期限を提示します。そして、支援者への見返りは金銭以外の特典になります。

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングは非投資型のクラウドファンディングとなります。支援者から集められた資金は寄付という形になるので、支援者への見返りはありません。

寄付型クラウドファンディングの場合、起案者、支援者とも目的は社会貢献となっているケースが多いです。具体的には被災者支援、環境保全、困窮している子供への支援などです。

寄付金の動きがネット上で報告されるため、支援者としてもお金の流れが分かり安心です。それが募金との大きな違いでしょう。起案者、支援者ともに達成感を味わうことができます。

金融型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングと寄付型クラウドファンディングは金銭的な見返りがないですが、金融型クラウドファンディングには支援者に金銭的な見返りがあります。
金融型クラウドファンディングは、融資型、ファンド型、株式型に分類できます。

融資型

融資型は、個人の支援者から資金を集め、企業に融資します。

起案者が募集した段階で利率が設定され、金利が毎月支援者に支払われます。金銭的な見返りがあるのはメリットですが、借り手が返済できないリスクもあります。

ファンド型

ファンド型は、支援者にビジネスに対する出資を募集します。

支援者は利益が生じた際に分配金を見返りとして受け取ることができます。

ビジネスの成功の有無により、支援者への見返りは大きく変動します。

株式型

支援者は見返りとして、企業の株式を受け取ります。

株式の売却が見込める企業の場合は、支援者に大きな利益があります。

クラウドファンディングを上手に利用しよう

クラウドファンディングはリスクの少ない有用な資金調達の方法の一つです。クラウドファンディングと一口に言っても様々なタイプがあるので、種類を把握しておきましょう。
クラウドファンディングは企業を成長させる可能性を秘めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする