個人事業主が銀行融資を受けるための条件を知っておこう

個人で事業を営んでいる方は、銀行融資を受けられるか不安に感じますよね。飲食店、美容室など様々な個人事業主がありますが、多くの個人事業主が銀行融資を受けて大きく成長しています。

個人事業主が銀行融資を受けるためには、銀行から信頼されることが必要です。

今回は、個人事業主が銀行融資を受けるための条件やポイントをご紹介します。

個人事業主が銀行融資を受けるためには?

個人事業主であれ銀行融資を受けることができます。しかし、銀行融資を受けるには条件があるので、スムーズに銀行融資を受けられるよう準備しておく必要があります。

個人事業主が銀行融資を受けるためには大きく分けて3つの条件があります。

 法務局への開業届の提出が必要

個人事業主は会社としてではなく、個人で事業を営んでいます。個人事業主は所得税法により、法務局へ開業届を提出することとなっています。

また、個人で融資を受ける際はこのようなファクタリングという手法もあるのでそちらを検討してみてください。

しかし、法務局へ開業届を出さずに事業を営んでいる個人事業主があるのも事実です。中には確定申告の方法が分からず放置しているケースもあります。正式に開業届を出していない場合は銀行からの融資を受けられないので注意が必要です。

銀行融資のためには確定申告が必要

個人事業主が銀行融資を受けるためには確定申告が必要です。税務署は確定申告の金額を元に所得税を課します。

確定申告をして税金を納めることで、銀行からの信頼が高まり、融資につながります。個人事業主が銀行から融資を受ける場合、2年分は確定申告書を提出する必要があります。

決算書が黒字であることが重要

個人事業主が銀行融資を受けるためには、決算書が黒字であることが重要です。銀行から融資を受ける際に必要な書類として、決算書があります。銀行としては返済能力のない個人事業主にはお金を貸そうとはしません。

しかし、銀行融資に関しては、直近の決算書のみで判断されるわけではありません。過去数年間黒字だったにも関わらず、今季赤字になってしまった場合、資産が十分にあることが確認できる場合は融資を受けられるチャンスがあります。

個人事業主が銀行融資を受けるには条件を満たしていることが必須

個人事業主が銀行から融資を受けるためには条件を満たしていることが必須です。開業届などの手続きができていること、黒字であることが重要なポイントです。

銀行融資を受ける際は、条件について確認するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする